スポンサーリンク




江戸川区

江戸川区議会の基本データと他区との比較

更新日:

この記事は、管理者個人が2015年4月26日に実施された江戸川区議会議員選挙データの整理と記録である。江戸川区選挙管理委員会が公表している『選挙の記録』とは別の視点からの整理である。

江戸川区議会の基本データと他区との比較

1.1 基本データ

(1)人口

  • 約682,000人(2015年4月)

(2)議員定数と議員1人当たり人口

  •  議員定数:44人
  •  議員1人当たり人口:約15,500人

(3)議員報酬(月額)

(4)政務活動費

  • 20万円(月額)

(5)区議会議員選挙投票率の推移(昭和22年から平成27年)

%e6%8a%95%e7%a5%a8%e7%8e%87%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb_%e5%9c%b0%e6%96%b9%e9%81%b8%e6%8c%99

(クリックで拡大)

江戸川区議会選挙の投票率は平成7年以降、50%を下回る水準で推移している。ただ、この投票率の低下傾向は江戸川区だけではなく、23区議会の共通の傾向である。

直近4回の世代別投票率の推移

%e5%b9%b4%e4%bb%a3%e5%88%a5%e6%8a%95%e7%a5%a8%e7%8e%87%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb%e5%a7%94

(クリックで拡大)

(6)江戸川区で行われた国政選挙と地方選挙の投票率

次に、国政選挙と地方選挙の投票率の比較を行った。江戸川区で過去8年間に行われた選挙の投票率の推移は下の表とグラフである。
%e6%8a%95%e7%a5%a8%e7%8e%87%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb_%e5%9b%bd%e6%94%bf%e5%9c%b0%e6%96%b9

(クリックで拡大)

政選挙と地方選挙の投票率

%e6%8a%95%e7%a5%a8%e7%8e%87%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb_%e5%9b%bd%e6%94%bf%e5%9c%b0%e6%96%b9_%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

(クリックで拡大)
衆議院議員選挙、参議院議員選挙といった国政選挙と比較すると、相対的に区議会議員選挙の投票率は低く、有権者の関心の低さが表れている。

1.2 他22区との比較

(1)議員1人当たりの人口(23区ランキング)

  • 1位 世田谷区     18,167人
  • 2位 江戸川区    15,565人
  • 3位 足立区     15,436人
  • 4位 練馬区     14,545人
  • 5位 大田区     14,232人
  • 6位 板橋区     11,960人
  • 7位 杉並区     11,744人
  • 8位 江東区     11,157人
  • 9位 葛飾区    11,142人
  • 10位 品川区     9,523人
  • 11位 新宿区     8,974人
  • 12位 北区      8,549人
  • 13位 豊島区     8,322人
  • 14位 墨田区     8,100人
  • 15位 中野区     7,723人
  • 16位 目黒区     7,716人
  • 17位 荒川区     6,559人
  • 18位 港区      6,532人
  • 19位 文京区     6,434人
  • 20位 渋谷区     6,396人
  • 21位 台東区     5,840人
  • 22位 中央区     4,815人
  • 23位 千代田区   2,205人

(2)23区議会の投票率の傾向

23%e5%8c%ba%e6%8a%95%e7%a5%a8%e7%8e%87%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb

(クリックで拡大)

23区議会の投票率は、いずれの区も同じような低下傾向にあることが確認できる。ただし、傾向としては同じであるが、個別の区の比較では投票率は最大で10ポイント以上の差がみられる。

スポンサーリンク




-江戸川区

Copyright© 東京23区議会を考える , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.